主題科目「国際研修」"Focus on Water: Hungary as a Land of Waters"のガイダンス

Untitled Extract Pages
2017年4月6日(木)
18:45-20:00/21 KOMCEE WEST 地下1階 レクチャーホール/主題科目「国際研修」: "Focus on Water: Hungary as a Land of Waters"に興味のある全ての学生/

16667302_1248351615256712_52125585_o

本ガイダンスは国際交流センターグローバリゼーションオフィスが実施します。ガイダンスでは本主題科目「国際研修」Focus on Water: Hungary as a Land of Watersがどのようなコース化、履修登録から帰国後の課題などの留意点について 説明します。
また質問を受け付けますので、興味のある学生は参加することを強く勧めます。
本ガイダンスは、参加者に応じて、日本語または英語で実施されます。
履修希望者多数の場合、ガイダンスへの参加の有無を考慮します。

昨年度のコース概要はこちらを参照してください。 

お問合せ sakurai[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp
 
我々の生活において欠かすことのできない水は、ハンガリーにおいても、その地理的、自然資源的、そして伝統的も非常に重要な要素であり、工業、物流、科学や余暇活動でも欠かすことのできないものである。
ハンガリーは世界的にも水資源工学やその管理における成果において名だたる存在であり、それは温泉浴、飲用水、水資源エンジニア、さらには水上競技のオリンピックメダリストなどを含め幅広い。

本「水」サマースクールは2週間にわたる集中講義であり、複合領域を俯瞰する講義、トレーニング、フィールドトリップ、交流活動を含み、様々な水資源活用、管理、維持に関わるトピックや課題について触れる。

講義では水資源に関わる維持活動、革新的技術、健康、スポーツ、環境、余暇、観光、交通、自然災害などについて考える。さらに本プログラムでは、履修生は水資源の有効活用について以下のどちらかのテーマについてグループワークを通してアクションプランを提案する:A)水資源に配慮した生活、B)「Hungary as a Land of Waters」の新ブランド計画、である。
このプロジェクトのために、学生はフィールドトリップ、街頭インタビュー、議論を重ね、ポスターセッションで各グループのアクションプランを発表する。

本コースは、世界コミュニティーにおける責任ある一員としての世界的市民の養成に資する。それは、世界の諸問題について深い理解と幅広い視野を持った人材を意味する。本コースのハンガリーの学生との協働を通して、批評的に考えるスキル、異文化間コミュニケーションのスキルの向上をも目指す。

16709229_1248351618590045_583413758_o

Seminar Details

Date / TimeThu, April 6, 2017 18:45-20:00
PlaceKomaba I Campus, 21 KOMCEE West B1F, Lecture Hall
Organised by Center for International Exchange, Globalization Office, UTokyo
Notes No registration required. You can go in & out during the session

前のページに戻る