駒場キャンパスで学ばれる方

inbound(Do not delete)

トップ > 駒場キャンパスで学ばれる方 > サポートサービス > 日本語教育

日本語教育

駒場Iキャンパスの日本語コース

駒場Iキャンパスには、以下の4つのタイプの日本語コースがあります。
 
1. PEAK(Programs in English at Komaba 正規課程、専門を主に英語で学ぶプログラム、9月入学)日本語コース
2. KOMSTEP/USTEP(Komaba Student Exchange Program / University-wide Student Exchange Program )日本語コース
3. 前期課程日本語コース(正規課程、専門を主に日本語で学ぶプログラム、4月入学)
4. 日本語補講(単位取得のできないコース)

PEAK 日本語コース

PEAKに在籍する学部生のための日本語コースです。前期課程(1〜2年生)の日本語科目は必修と選択の2種類があります。国際日本研究コース・国際環境学コースともに6単位必修です。後期課程(3〜4年生)については、国際日本研究コースでは日本語科目は選択必修です。国際環境学コースの場合、日本語科目を卒業単位数に含めることができます。
 
PEAK前期課程の日本語コース
 
必修日本語:「話す・聞く・読む・書く」といった技能だけでなく複眼的思考・論理性・創造的思考・自律性なども養うことをめざし、総合的に日本語を学習します。

選択日本語:会話、読解、漢字、スピーチスタイル、ニュース・日本事情、文学・映画などのポップカルチャー、ビジネス日本 語など、自分が強化したい分野や弱点を克服したい分野、興味のある分野の学習ができます。必修科目は、PEAK生だけのクラスですが、選択科目では、KOMSTEP/USTEP生と一緒に日本語を学習します。
 
PEAK日本語コースは、習熟度によってグループ分けをしています。グループは、入学時のプレイスメントテストによって決められます。初習者から上級者・母語レベルまでのクラスがあります。15名以下の少人数のクラスで、自分の日本語能力にあった授業を履修することができます。また、言語学習への社会文化的なアプローチとして、小学校訪問、ホームビジットなどの教室外の活動を教室内での学習と結びつける活動を日本語学習の一環として行っています。
 
PEAK後期課程の日本語コース
 
国際日本研究コースの学生のための日本語コースです。授業内容は、国際日本研究コースに添った内容になっています。例えば、「Integrated Academic Skills」などです。KOMSTEP/USTEPの学部生もこのクラスを受講することができます。

PEAKの日本語コースの詳細はこちらをご覧ください。

コーディネータ:ボイクマン総子   松下達彦 根本愛子

 

KOMSTEP/USTEP 日本語コース

KOMSTEPは、東京大学教養学部/大学院総合文化研究科と海外の協定校との間の短期交換留学制度です。USTEPは、東京大学と海外の協定校との間の短期交換留学制度です。KOMSTEPの学部生は、駒場Iキャンパスで日本語コースを受けることができます。USTEPの学部生は、駒場Iキャンパスでの日本語コース、または本郷キャンパスでその他の日本語コースを受けることができます。ここでは、駒場Iキャンパスの日本語コースについて説明します。
 
「総合日本語」:日本語を集中的に学習したい学部生のためのコースです。初級と中級では週に3コマ(1コマ105分)の日本語の授業があり、上級では週に2コマの授業があります。
「総合日本語」は、初級から上級まで7レベルあり、「話す・聞く・読む・書く」の4技能を総合的に身につけるための科目です。習熟度によってレベル分けをしていて、15名以下の少人数クラスで、自分の日本語能力にあった授業を履修することができます。レベルは、プレイスメントテストによって決められます。
    L1:初級前半   L2:初級後半  L3:中級1  L4:中級2  L5:中級3  L6:上級1   L7:上級2

 その他の日本語コース:学生はPEAK後期課程の日本語、およびPEAK前期課程の必修科目ではない日本語科目を履修できます。

日本語科目リスト(2018年度Sセメスター)
科目名 Course Title in Japanese Level L1 L2 L3 L4 L5 L6 L7 LS単位
総合日本語 I (1) (L1) L1        6
総合日本語 I (11) (L1) L1        6
総合日本語 I (2) (L2) L2        6
総合日本語 I (3) (L3) L3        6
総合日本語 I (4) (L4) L4        6
総合日本語 I (5) (L5) L5        6
総合日本語 II (6) (L6-7) L6       4
応用日本語 (2):チュートリアル (L1-L2) L1-L2       2
応用日本語 (2):生活会話 (L1-L2) L1-L2       2
応用日本語 (4):文法・会話 (Intensive Japanese IV) (L2) L2        2
応用日本語 (4):多読を楽しむ (L2-L3) L2-L3       2
応用日本語 (4):日本社会探訪 (L3-L2) L3-L2       2
日本語(102):チュートリアル (L2-L6) L2-L6    2
日本語(42):中級総合 (Intensive Japanese IV) (L3) L3        2
日本語(32):アカデミックスキル(総合) (L3-L4) L3-L4       2
応用日本語 (6):メール・日常会話 (L3-L4) L3-L5      2
日本語(60):体験活動 (L4-L5) L4-L5       2
日本語(48):中級総合 (Intensive Japanese IV) (L4-5) L4-L5       2
日本語(46):自然な話し方と敬語 (L4-L6) L4-L6      2
日本語(34):アカデミックスキル(総合) (L4-L5) L4-L5       2
日本語(52):ニュース (L5-L4) L5-L4       2
日本語(50):歴史・社会の用語 (L5-LS) L5-L7      2
日本語(36):アカデミックスキル(総合) (L6-L7) L6-L7     × 2
日本語(72):「比べること」による批判的読解 (L6-LS) L6-LS      2
日本語(74):日本語のバラエティ (L6-LS) L6-LS      2
日本語(80):ニュース・社会 (L6-LS) L6-LS      2
日本語(90):体験活動 (L6-LS) L6-LS      2
日本語(76):通訳技術(英日) (LS-L7) LS-L7       2

東京大学授業カタログ

コーディネータ:ボイクマン総子   松下達彦 根本愛子

前期課程日本語コース

4月入学の学部留学生が前期課程(1~2年生)において履修できる日本語コースです。PEAK生やKOMSTEP/USTEPの学部生も一部の科目を受講できます。

日本語補講

駒場Ⅰキャンパスでは、総合文化研究科、数理科学研究科、教養学部に所属する留学生ならびに外国人研究者等を対象とした「日本語補講」が開講されています。単位取得はできませんが、修了証書が発行されます。
「初級」、「中級」に加え、上級レベルの「読む」、「書く」、「聞く・話す」の5クラスが設けられています。授業は各セメスター単位で、開講は4月と9月です。

日本語教育センター

本郷キャンパスでは、レベルや目的によって多様なコースが用意されています。日本語教育センターの日本語コースも全学に開かれています。単位取得はできません。
詳細はこちらをご覧ください。