イベントレポート
Other Events
2015.9.20

大相撲と江戸東京博物館

2015.9.20/投稿者:国際センター駒場オフィス
  •  
 9月20日(日)、留学生イベント「大相撲と江戸東京博物館」が実施されました。当日は、朝から快晴で、抽選で選ばれたラッキーな45名の留学生と学生スタッフ2名、職員3名の総勢50名が両国にある江戸東京博物館の江戸東京ひろばに集合しました。現地集合でしたが、一人で行くのが不安な学生は駒場キャンパスから学生スタッフと一緒に行くという選択肢もあったためか一人の欠席者も出ず、全員参加のイベントとなりました。
 集合後、参加者全員で集合写真を撮った後、江戸東京博物館の館内紹介DVDを見て1603年の徳川幕府開府以降400年に渡る江戸・東京のおおまかな歴史と館内の展示について学んだ後、各自で見学をしました。常設展示の会場はとても広く全てを見ることはできませんでしたが、模型も多く、参加した留学生は各自のペースで興味のある箇所を重点的に見てまわっていました。もう少し時間をかけて見たかったという意見もあり、これをきっかけに東京について更に興味をもってもらえればと思います。
 3時に再び江戸東京ひろばに集合してみると、ちょうど地域のお祭りで3組の地元のグループがそれぞれのお神輿を担いでひろばを移動しているところでした。予期せぬ「日本文化体験」に留学生もお神輿の写真を撮ったりして日本のお祭りを体感していました。
 その後は、みんなそろって両国国技館に移動しました。入口で集合写真を撮った後は各自入場し座席に着きました。ちょうど幕内力士の土俵入り、横綱の土俵入りが続き、伝統的な相撲の儀式を見ることができました。 座席は後ろから2番目と3番目で土俵からはかなり離れていましたが、力士や観客の熱気や歓声を体で感じることができました。人気の力士が登場した時、小柄な力士が大きな力士を倒した時などは、ひときわ大きな歓声が上がりました。
 盛りだくさんの半日イベントでしたが、日本の伝統文化に触れ、東京の歴史についても学ぶことができたようです。

1

3

2

前のページに戻る