ニュース
その他
2018.9.27

日本語クラスビジター募集

  •  
学生ボランティア 2018 年 10 月 日本語クラスビジター 大募集!

東京大学教養学部 PEAK/KOMSTEP/USTEP 日本語コース担当 ボイクマン総子、松下達彦、根本愛子 東京大学の英語による学部課程 PEAK や交換留学プログラム KOMSTEP/USTEP では、現在、世界のさま ざまなところから来た 100 人以上の学生が日本語を勉強しています。日本語コースでは授業に参加する学生 ボランティア、「日本語クラスビジター」を募集します。単位とは関係ありませんが、一緒に授業に参加する ことで友達や知り合いを増やすことができます。関心のある方は、以下の点を確認して応募してください。

① 活動内容について 教室には必ず日本語担当の先生がいます。活動内容は先生が説明しますので、心配いりません。グループ やペアでの会話、発表へのコメントやディスカッション、体験を話す、などの活動を想定しています。レベ ルは初級から上級までさまざまです。(クラスの多い時間帯と少ない時間帯があります。)

② ことばの能力について 外国語は必要ありません。授業中、担当教員は通常は日本語で授業をしますので、できるだけ日本語で話 してください。難しいことをわかりやすい日本語に言いかえる能力が大切です。

③遅刻・欠席について 無断の遅刻・欠席は困ります。都合の悪いときは、必ず担当教員に連絡してください。

③ 応募方法について クラスビジターは学期ごとに募集します。 応募する人は、以下のサイトに必要事項を記入して応募してください。 https://goo.gl/forms/JSztuBFB003eMUVC2 応募サイトのQRコード ⇒ クラスビジターには、1回だけ参加するもの、時々参加するもの、学期を通して参加するもの、などがあ ります。アンケートの「可能時間」のところには基本的に毎週来られる時間帯をチェックするようにしてく ださい。来られない時期がある場合は、それを自己PRのところに書いてください。

④ 担当教員からの連絡について 現在、約 20 名の教員が日本語コースを担当しています。クラスビジターをお願いする場合は、そのクラ スを担当する教員がクラスビジターの方に直接、連絡をします。よくチェックするメールアドレスを登録し ておいて下さい。登録者が多い場合、登録した人全員にお願いできるわけではありません。依頼しない場合 には特に連絡はしませんが、依頼がなかった場合でも、次の学期にぜひ再応募してください。

*個人情報の扱いについて 応募時の情報は日本語担当教員およびサポートの職員が見ることがありますが、それ以外の人が見ること はありません。また、日本語プログラムのサポート以外の目的で使用することはありません。


問い合わせ:松下達彦 matsushita@global.c.u-tokyo.ac.jp ボイクマン総子 beuckmann@global.c.u-tokyo.ac.jp 根本愛子 nemoto@global.c.u-tokyo.ac.jp

Class-visitor_poster_2018A-page-001

前のページに戻る