駒場キャンパスからの留学

outbounfd(Do not delete)

トップ > 駒場キャンパスからの留学 > 交換留学 > AIKOM > 概要

AIKOM

AIKOM(アイコム)とは
教養学部と交換留学の協定を結んでいる海外の諸大学から教養学部後期課程に留学生を受け入れ、それに対応して教養学部後期課程の学生を派遣する交換留学制度。各協定校とも毎年受入れ・派遣それぞれ1~2名程度の交換留学を実施しています。
対象となる学生

2013 (平成25年) 3月以前の進学生 

・超域文化科学科 全分科、地域文化研究学科 全分科/コース、総合社会科学科 全分科、基礎科学科 科学史・科学哲学分科、広域科学科 人文地理分科、生命・認知科学科 認知行動科学分科 以上各学科/分科/コースの在学生及び進学内定生

2013 (平成25年) 4月以降の進学生 

教養学科 全分科/コース、学際科学科 科学技術論コース/地理・空間コース/国際環境学コース、統合自然科学科 認知行動科学コース 以上各学科/分科/コースの在学生及び進学内定生

*外国籍(日本国籍以外)の学生は、留学先大学の事情により交換留学生としての留学は認められない場合もあるため、希望者は事前に確認して下さい。
協定校(派遣先大学)
派遣期間
派遣先大学学事暦に基づいた1学年または1学期とします。
宿舎
多くの場合、留学中は留学先大学の宿舎に入居することができます。但し学生宿舎を有していない大学や、希望者多数により大学宿舎に入居できない場合など、自身で宿舎を探す必要がある場合もあります。
保険
留学に際しては、本学所定の海外留学保険に加入して頂きます(保険料は各自自己負担)。
授業料・その他費用
授業料は東京大学へ納入して下さい。留学先大学での通常の授業料は協定に基づき免除されます。その他、渡航費、生活費、保険料など個人的な費用は全て自己負担です。
奨学金など
派遣先大学からの奨学金等のほか、派遣学生向けに以下の奨学金制度の募集を行う場合があります。
制度名対象支給額募集人員
公益財団法人佐藤陽国際奨学財団海外派遣留学生奨学制度財団所定の地域(主に東南アジア)への派遣生

*日本人学生に限る
月額8万円、往復渡航費、一時金10万円財団全体で若干名
独立行政法人日本学生支援機構
海外留学支援制度(短期派遣)
AIKOM派遣生(出発時期により対象者が限られる場合あり)

*日本国籍・永住者に限る
月額6万~10万円(地域により異なる) AIKOM派遣生の中で若干名

その他、「東京大学海外留学・国際体験情報 Todai Go Global」のウェブサイトにも奨学金情報が掲載されているので、随時確認してください。

Todai Go Global
募集及び選考
募集時期はおおよそ以下を予定(募集期間は10日間程度)。募集告知はその都度情報教育棟前の後期課程掲示板、教養学部ウェブサイト、Global Komabaウェブサイト等に掲示します。なお下記の募集予定時期以外でも急遽募集告知を出す場合もありますので、興味のある学生はこまめに掲示をチェックして下さい。
・オセアニア、南米地区大学 ・・・・・・・・・10月 頃
・英国、北米地区大学 ・・・・・・・・・・・・11月 頃
・アジア地区大学・・・・・ ・・・・・・・・・12月 頃
・欧州地区大学(英国・アイルランドを除く) ・ 1月 頃
選考は、応募締切後速やかに行われます。書類(所定の申請書類あり)及び面接を基本としますが、地域によっては別途語学試験等を課す場合もあります。なおTOEFLやIELTSのスコアが提示されている大学への応募は、原則としてそれぞれの条件をクリアしていることが条件となっています。これは派遣先大学から入学許可を受けるための必須条件となるため、出来るだけ早い時期から試験を受け、語学条件をクリアしておいて下さい。

注意! AIKOM Programの募集・選考は全て全学交換留学とは別に行います。応募要領、募集や選考の時期なども異なりますので、十分に注意して下さい。 全学交換留学の詳細については→http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/administration/go-global/program/exchange.html
単位
派遣先大学で取得した科目について、30単位まで本学部の卒業単位として認定を受けることが出来ます。振り替えの出来る科目は次の通りです。 

2013 (平成25年) 3月以前の進学生

・超域文化科学科、地域文化研究学科、総合社会科学科 全分科、基礎科学科 科学史・科学哲学分科、広域科学科 人文地理分科、生命・認知科学科 認知行動科学分科 以上の分科科目
・共通科目(4単位まで)
・外国語科目(地域文化研究学科の学生は7単位まで、その他の学科の学生は6単位まで)
・自由科目(特設科目等)

2013 (平成25年)4月以降の進学生

・教養学科 分科科目、学際科学科 学科共通科目、科学技術論コース科目、地理・空間コース科目、国際環境学コース科目、統合自然科学科 学科共通科目及び認知行動科学コース科目
・外国語科目(教養学科の学生は14単位まで、その他の学生は12単位まで)


留学修了後、所定の期間内に教務課後期課程係にて単位認定申請を行って下さい。単位認定の審査は、総授業時間数、授業形態、授業内容等をコース主任、後期課程教務専門委員会、後期課程運営委員会が検討を行い、学部長が認定します。但し必ずしも申請が認定されるとは限りません。認定された科目の評価は「合格」とします。
留学に向けて
これから留学を考える方は、まずは以下についてよく検討されることをお勧めします。

・留学する目的
 何のためか、何を学ぶのか、何を経験したいのか
・留学の目標
 留学期間修了時までに、どのような成果を目指すのか
・留学資金
 渡航費、学費、生活費などの必要資金、奨学金の可能性
・留学を希望する大学
 大学の概要や特色などの把握
・留学を希望する国
 政治、地理、歴史、文化に関する基本的な情報の把握
・目的や目標に向けた学修計画や活動計画について
 各学期の学修計画
 学業以外の活動計画(クラブ活動、休暇中の過ごし方等)
 留学先の学生や人々との交流計画
・帰国後の計画
 留学経験をどのように生かしたいか、あるいは生かせるか

 上記の他にも実際留学する直前まで、さらに様々なことを検討し、準備をしておくことが必要となります(例えば日本に関する基礎的な知識の再確認など)。なお学内選考で留学が内定した場合は、留学準備の手助けとして留学出発までの期間にグローバリゼーションオフィス主催による留学準備ゼミ及びオリエンテーションに参加して頂きます。また、留学中にも定期的な状況報告、そして留学終了後には総まとめとして留学報告なども行って頂きます。
問い合わせ先
グローバリゼーションオフィス (GO:ジーオー) 21 KOMCEE West地下 1階
開室時間: 平日10:00~17:00

GOでは留学相談会やセミナー、レクチャーなどを行っています。詳しくはGlobal Komabaウェブサイトをご覧下さい。

Global Komabaウェブサイト www.globalkomaba.c.u-tokyo.ac.jp