国際関連リソース

resourse(Do not delete)

トップ > 国際関連リソース > グローバリゼーションオフィス > 教員紹介 > 教員紹介 > 矢口 祐人

矢口 祐人(やぐち ゆうじん)

教授、グローバリゼーションオフィス長
 
北海道札幌市で生まれ、育ちました。北海道大学を中退後、アメリカのインディアナ州にあるゴーシエン大学という小さな学校に編入学し、英文学を専攻しました。卒業後はインディアナ州にある日系企業で一年間働きました。その後、バージニア州のウィリアム・アンド・メアリ大学の大学院でアメリカ研究の修士号と博士号を取得しました。
 
1995年から98年まで北海道大学言語文化部で英語を担当し、1998年に東京大学へ転出し、これまで主に英語とアメリカ研究を教えてきました。現在は国際化推進学部入試担当室と教養学部の国際交流センターの責任者も務めています。研究領域は日米文化です。最近はハワイを中心に研究をしています。

学生へのメッセージ

グローバリゼーションは多面的で評価の難しいものです。学生の皆さんには今日のグローバリゼーションの流れをうまく利用しながらも、それを批判的に捉える視点も育んで欲しいと願っています。海外への留学を通して、新しい知識や視点を体得し、批判的な思考力を養ってください。きっと素晴らしい世界が開けるでしょう。

会話ができる言語

日本語、英語