受入学生の声
アジア
2015.1.26

Amelia Lee

マレーシア/総合文化研究科(GPEAK)/修士課程/自己紹介をお願いします。 私は修士課程の学生で、東京大学駒場IIキャンパスで学んでいます。沖研究室に所属しており、水文モデリングに関するスキルを磨いています。私はマレーシアを母国と呼んでいますが、大学時代にはアメリカやポーランドにも住んでいました。時間があるときは、散歩をしたり、食事の写真を撮ったりして、自分のWebサイトにアップしています。
  •  
自己紹介をお願いします。
私は修士課程の学生で、東京大学駒場IIキャンパスで学んでいます。沖研究室に所属しており、水文モデリングに関するスキルを磨いています。私はマレーシアを母国と呼んでいますが、大学時代にはアメリカやポーランドにも住んでいました。時間があるときは、散歩をしたり、食事の写真を撮ったりして、自分のWebサイトにアップしています。
 
日本の文化に慣れるための方法を教えてください。
日本の文化を学んで適応するのは冒険でした。(記入が必要な書類の量など)戸惑うこともありますが、良いことの方が悪いことよりずっと多いです。今は同じ研究室のメンバーから関西弁を教わっていて、私の「儲かりまっか?」はとてもウケています。
 
東京大学駒場キャンパスでの交友関係や交流について教えてください。
日本での私の交友関係のほとんどは、研究室でできたものです。様々な問題に対して研究室のメンバーに助けてもらったり、喜びや困難を共有したりしてきたことを思うと、とても感謝しきれません。研究室以外にも、駒場IIキャンパスの日本語クラスやその他のさまざまな留学生イベントで出会った友人がいます。このような友人と話すたびに、たくさんのことを学ぶことができます。
 
渋谷と東京について、気に入っている点を教えてください。
東京の好きなところは、建ち並ぶ高層ビルの数であり、上層階の見晴らしの良い場所から世界を眺められることです。高いビルから東京の街を眺めると、すべてを広い視点で受け止め、忙しい都会のあくせくとした生活の中で平和な気持ちになることができます。
 
これからやって来る留学生や研究者に対して、1つアドバイスするとしたら何でしょう?
「ノー残業デー」を守りましょう。

前のページに戻る