留学経験者の声
北米
2017.4.1

金明玉

教養学部(PEAK)/スワスモア大学(アメリカ)/2016/困った時もありましたが、いつも手伝ってくれる、ありがたい人々に出会いました。スワスモア大学の主な特徴の一つである、コミュニティーのつながりを大切にする文化には驚きました。
  •  
留学あるいは海外体験プログラムの中で、一番良かった経験を教えてください。
困った時もありましたが、いつも手伝ってくれる、ありがたい人々に出会いました。スワスモア大学の主な特徴の一つである、コミュニティーのつながりを大切にする文化には驚きました。定期的な「コレクション」という場では、人々が集まり、最近の出来事について自分の内面の考えを分かち合い、人々がそれらを受け入れ、尊重していました。大統領選挙後にあった、校内の不法滞在者を保護するための学生運動は、記憶に残ります。自分と異なる人も包容する社会を経験した貴重な時間でした。

どのような授業を履修しましたか。
私はスワスモア大学で、新しいことに挑戦してみました。元々の専攻は、国際環境学ですが、履修科目に 比較的制限の少ないこの機会に、物理と工学を主に勉強しました。自分の関心分野を広める、貴重な経験でした。特に特殊相対性理論と天文学の授業が面白かったです。学生の能動的な参加を促す授業や、天体画像のデータープロセス、UPENNでの重力波検出機に関する講義参加など、様々な活動が印象的でした。日本語チャットアワーチューターも、試してみました。お陰で、スワスモアで日本語を勉強する楽しい人々に出会い、留学生活が充実しました。

今後、この経験をどのように生かしたいですか。
留学は短かったですが、私に大きな影響を与えました。留学を通じで、自分の関心分野と弱点を確認することができ、今後の計画に反映することができました。現在私は、スワスモアでの核エネルギーに関する勉強をもとに、核融合に関するインターンをしています。来学期からは、物理と数学の勉強に力を入れようと思っています。

これから留学や海外体験プログラムへの参加を希望している学生へのアドバイスがあれば教えてください。
留学を考えている皆さんには、新しい環境で今まで挑戦したいと思っていたことを試すことを勧めます。きっと今までの日常に新鮮な刺激になると思います。

前のページに戻る