イベントレポート
Other Events
2018.10.11

国際交流イベント「ドッヂビー&交流会イベント」

2018.11.1/投稿者:Daniel Wee & 黒川智史
  •  
ドッヂビー&交流イベントレポート(2018年10月11日)
 
2018年10月11日木曜日にドッヂビー&交流イベントが仮設プレハブ体育館とMMホールで行われました。半年前に日本に来てから初めてのドッヂビーでした。
19時頃、参加者が受付をし、全員集まってから試合を行う前にラジオ体操を行いました。ラジオ体操は1日の始まりに学校で行う体操で、スタッフやコーディネーターがとても優しく、丁寧にやり方を教えてくれました。ウォームアップ後、4つの色別(赤、青、緑など)グループに分かれました。試合は総当たり戦です。試合の始まる前に各自作戦を練り、コーディネーターがゲームのルールについて説明し、外野の3人を選ぶように言いました。
コートは、2つのスペース(内野)と、それを取り囲む小さい3つのスペース(外野)に分けられます。3人の外野は、外側の3つの小さなスペースに立ち、他のメンバーは内野にいて飛んでくるフリスビーに当たらないようにします。メンバーが1人ずつ当てられたら、敵側の外野へ移動し、敵のメンバーを当てていきます。敵のチームメンバーを当てたら、内野に戻ることができ、また敵からのフリスビーが当たらないようにします。これは、どちらかのチームの全員が当てられるまで続きます。(例えば、全てのメンバーが当てられて外野に移動になる)
私達、黄色チームは、ほとんど全ての試合で負けてしまいました。
でも、最終的に優勝した青チームに勝つことができたので、自分達のパフォーマンスに満足し心に残る思い出となりました。
全チームが本当にベストを尽くしていたのが印象的で、みんなの取り組む姿勢やチームスピリットが強く胸をうちました。
最後に、ドッヂビーイベントでは、沢山の初めて出会った人達と知り合いになり、語学の練習ができる良い機会にもなり、本当に素晴らしかったです。
学生のためにイベントの準備をしてくださった国際化教育支援室駒場支部のスタッフにお礼を言いたいです。また、イベントに参加したいと思います。

Daniel Wee
USTEP生(マレーシア)
私は10月11日に開催されたドッヂビー&交流会に参加させていただきました。正直、自分の英語力に自信がないため、最初はうまく馴染めるか不安でいっぱいでした。しかし、一旦実際にドッヂビーの試合が始まると、そんなことはどうでも良くなるくらい楽しかったです。
ドッヂビーは、ボールの代わりにフリスビーを用いますが、その他はドッヂボールと同じルールで試合を行います。丸いボールに比べると、フリスビーは軌道が予測しにくいため、同じチームになった仲間と一緒に声を掛け合ってどこにフリスビーがあるかを伝え合う必要がありました。
ドッヂビーの後の交流会は21 KOMCEE WEST地下のMMホールで開かれ、他のチームの留学生の方々とコミュニケーションを取る機会に恵まれました。ある留学生は、自分の背景や、なぜ日本に留学することを選んだのかということを話してくれました。自分の日本の文化に対する意識や知識のなさを痛感しました。私自身がもっと日本について知っていればより会話が盛り上がったかもしれません。
ドッヂビーは初めてでしたが、なかなか奥の深い魅力的な競技であるという印象を受けました。また次回も参加したいと心から思いました。
この文章をお読みいただいている方の中で「ドッヂビー&交流会」に参加しようかどうか迷っている方がいらっしゃいましたら、参加してみることを強くおすすめいたします !
最後に、私に話しかけてくださったチームメイトの方々、そして「ドッヂビー&交流会」を企画してくださった関係者の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。
 
総合文化研究科修士課程
黒川智史  

57-1

24-1

46-2

61-2

60

前のページに戻る